白い詰め物・被せ物

  • HOME
  • 白い詰め物・被せ物

保険診療内で提供できる白い被せ物

2016年4月から、第一小臼歯、第二小臼歯(真ん中の歯から数えて4番目、5番目の歯)に関して、ハイブリットレジン冠での治療が保険診療でできるようになりました。 ハイブリッドレジン冠とは、歯科用プラスチックとセラミックの粒子を混ぜ合わせた素材から製作された被せ物です。金属を使用していないため、金属アレルギーの心配はありません。金属素材を使った治療を敬遠される方にも気兼ねなく治療を受けていただけます。

【ハイブリッドセラミック】
レジン(歯科用プラスチック)とセラミックを混ぜて製作した素材です。 柔らかい素材なので、周りの歯を傷つけにくいです。

歯の本来の機能だけでなく、見た目にもこだわりたい方へ

当院では、セレックを使用して製作する詰め物・被せ物の他に、歯科技工士へ依頼をする詰め物・被せ物をご用意しています。 保険診療と自由診療では、被せ物・詰め物の治療が違ってきます。自由診療の場合、費用は保険診療よりも高くなりますが、保険診療では使用できない素材を使用でき、被せ物・詰め物を製作するために時間をかけられるようになります。

自由診療の場合は、素材としてセラミックとジルコニアをご用意しています。透明感があり、自然の歯に近い色合いを表現することができるほか、歯科技工士さんの技術力が発揮されるなどオーダーメイドの魅力があります。また、静電気が発生しづらいため汚れがつきにくく、虫歯になりにくい素材でもあります。

【セラミック】
セラミック(陶器)を使用して製作するので、金属アレルギーの心配もありません。 また、透明度のある瑞々しい仕上がりになります。

【ジルコニア】
人工ダイヤモンドとしても知られているジルコニアで作られた被せ物は、見た目や色が自然の歯に近く耐久力のある素材です。 また、金属を使用していないので、金属アレルギーの方でも不安なく治療が受けられます。